×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

無毛(禿、禿げ、はげ、ハゲ)になる原因について・・・。

毛が抜けることをそうじて脱毛症という。原因としては、もっとも普通に見られるのは、老化による無毛(ハゲ)である。特に男性に顕著で、年が進むにつれて毛の生える面積が狭くなるようになる。その進み方は大きく二つあり、ひとつは額から上向きに顔面が広くなるように禿げる(無毛)。これを禿げ上がるという。特に両こめかみからよく進む。無毛(ハゲ)になるもう一つは、頭頂部から次第に髪の密度が少なくなるように禿げる。その結果、てっぺんに地肌が出るが、まわりの髪は残るから、これを伸ばして禿の上を覆うようにすると、毛がまばらになった隙間から肌が見えるのをバーコードに見立てたのがバーコードハゲという呼称になった。女性の場合、完全に禿げることは少ないが、次第に髪の密度が低くなるのは普通で、普通は頭頂部付近から全般に薄くなる。やはり、無毛(ハゲ)には、なりたくない。幸い自分は、白髪になるタイプのようだ・・・。国民的アイドルSMAPの中居さん(35)が無毛(ハゲ)のピンチ!?(笑)と言っていたが・・・?

無毛(ハゲ)の持つ、文化的側面とは・・・?

無毛(ハゲ)は、精神的理由等のストレスで髪が抜ける場合もある。円形脱毛症は代表的な例である。ストレスが解消されると回復する。他には、病気や薬などによって、無毛(ハゲ)になるケースも有る。無毛(ハゲ)はその状況により、さまざまな表現を用いる。10円ハゲ、テッペンハゲ、ツルッパゲ、丸ハゲ、Mッパゲ、バーコードハゲなどが知られる。剃髪して無髪となっている坊主頭と故意に混同されることも多い。合体させた「ハゲ坊主」などという悪口も存在する。英語ではハゲ(無毛)は「ボールド・ヘッド」と表現される。和製英語ではスキンヘッドと称されるが、これは日本以外ではハゲ(無毛)そのものを意味する語とはならない。若い女性特有の表現として、エロハゲ、セクシーハゲなる単語が存在する。主にハゲ(無毛)ている男性に対する個人的あるいは集団的な総意に基づく印象や評価・感情により、悪い場合は前者を、好ましい場合や相手を持ち上げる際等には後者を、それぞれ区別して使用する。

ヘアケアが原因の薄毛・抜け毛・無毛(ハゲ)について・・・。

洗わないで不潔にしていることや逆にシャンプーの選択ミスや間違った手入れ方法により頭皮を痛めることも薄毛・抜け毛・無毛の原因になります。また、パーマや極度なカラーリング、ドライヤーの使いすぎも薄毛・抜け毛・無毛を促進する場合があります。頭皮には油を分泌する皮脂と言う物があり、洗わないで不潔にしていると、この皮脂が毛穴(毛包口)をふさいでしまい毛根部に悪影響を与え、抜け毛・無毛の原因となりますので毎日シャンプーして髪や頭皮を清潔にするように心がけましょう。しかし毎日シャンプーをしても十分なすすぎを行なわないと薄毛・抜け毛・無毛につながる怖れがございますので、その場合のシャンプーは信頼できる製品をお使いになることをおすすめします。シャンプーをする時間帯は、毛母細胞の活発な時間帯である夜が最も適しています。朝だけのシャンプーではその日にたまった皮脂を洗浄することができません。皮脂が毛穴をふさぎ、毛母細胞が最も成長する重要な時間を活かす事ができません。夜にしっかりとシャンプーをして、すっきりとした状態で眠るようにしましょう。

Copyright © 2008 無毛(禿、禿げ、はげ、ハゲ)について考える。